債務整理/借金相談

債務整理専門の弁護士って?

時間と手間が省ける、という点でも弁護士に債務整理を依頼するメリットがあります。
取立て屋が取り立てのプロであるように、弁護士は法律全般はもちろんのこと、債務整理に関しても熟知している法律のプロフェッショナルです。
弁護士にはそれぞれに得意とする専門分野があり、債務整理専門の弁護士もいます。
もし自分で債務整理を行うとなると、債務整理に関する法律を1から勉強しなくてはなりません。
司法試験がいかに難しいか、きっと債務整理に関係する法律のページを1ページ読んだだけで感じると思います。
飲み屋で働いたことのない人が「お客様の目を見て笑顔で接客し、リラックスしてお酒を愉しんでもらう」と言われてカウンターに入っても、実際に眼の前に座るお客様に戸惑い、何を話せばいいのか分からないでしょう。
またレジを打ったことのない人間がマニュアルだけ読んでスーパーのレジ台の前に立っても、お客さんは次々にレジに並ぶし、一度打った商品をやっぱり要らないと言うし、マニュアルに操作方法と主に起こるトラブルへの対処法は書いてあっても、実際に生身の人間を相手に行動を起こすとなると大変なことです。
職業というのは基本的にどんな職業であれ専門的な要素を持ちます。
債務者が法律書と関係する資料を熟読して頭に入れる作業だけでもスムーズにはいきません。
そして債務者の飲み込みが早く、ずば抜けた頭脳の持ち主で「学科試験」とも言える知識を詰め込むことに成功したとしても、問題は「実技試験」です。
債務整理専門の弁護士は他の弁護士とは少々違います。
普通の弁護士は裁判所で裁判をしたり法律事務所で法律の相談を受け、アドヴァイスや様々な手続きを取りますが、債務整理専門の弁護士は時に闇社会の多分に暴力的な要素の強い債権者たちと争わなくてなりません。
いかがわしい繁華街に建てられた雑居ビルの一室は、入ることすらためらう程の怪しさで、しかも中には声を荒らげる男たちが構えているのです。
多重債務者が増えるにつれ、債務整理に携わる弁護士も増え、テレビなどでも頻繁に紹介されるようになりました。
法的にどうの、と説明してものらりくらりと誤魔化したり、大きな声で怒鳴りつけたり机を叩く業者を相手に、弁護士もひるまずに法律を武器に闘わなくてはなりません。
正規の消費者金融などを相手に穏便に話がつく場合もありますが、そうした危険なケースも多くあります。

これが実技試験であり実地試験です。
こういうノウハウを債務者が勉強し実践できるようになるまで非常に時間と手間がかかる、ということが納得いただけたかと思います。
また、実際の手続きの作業自体、非常に面倒なものです。
大量の書類を作成しなくてはならず、働いている債務者だと時間的にも難しいでしょう。
勉強すると言っても、取立てに追われながらの学習も困難を極めます。